制服コレクション
方向板コレクションへ銘板コレクションへきっぷコレクションへ沿線案内図へ絵はがきコレクションへポスターコレクションへ雑誌コレクションへスタンプコレクションへおもちゃコレクションへソフトウェアコレクションへa/vコレクションへおみやげコレクションへ ...... TOPページTOPページへ
このページの内容はフィクションです。
制服コレクション
画像をクリックすると大きい画像が表示されます。戻るときはブラウザの機能で。
運転士 運転士の制服(冬服)
2007年に導入された。
従来は「いかにも制服」な紺色の地味なものだったが, コーポレートカラーの一つでもある茶色をベースとして襟にアクセントを加え, すこしばかりおしゃれな感じとなった。
胸のエンブレムには「TRAIN STAFF」の文字が入っている。
.

車掌 車掌の制服(夏服)
この画像は女性だが,基本デザインは男女共通で,女性にもスカートは用意されていない。
半袖・長袖の選択は個人に任されている。(冬服のシャツとは別物で色も異なる)
冬服では袖章が職種を表しているが,夏服では肩章となる。
銀線2本が車掌,3本が運転士。指導運転士は4本となる。
エンブレムは袖に付く。

パーサー パーサーの制服(冬服)
特急列車のみに乗務する「キャビンアテンダント」的存在。
ただし「パーサー」は通称で職掌としては車掌であり,主に放送,検札,案内など直接乗客に関わる業務に携わる。
通常の車掌は別に乗務しているのが原則で,制服も旅客サービスに特化したものではあるが,単独での車掌業務を行う可能性も考慮に入れたデザインだと言う。

駅長 駅長の制服(冬服)
駅務員の制服も乗務員と基本的には同じ。
ただし駅長のものは上着がダブルとなる。
袖章・肩章は乗務員が銀線なのに対し駅務員は金線となる。
一般の駅員などは2本線,助役クラスは3本線,駅長は赤線を加えて4本となる。
エンブレムの文字は「STATION STAFF」
制帽も駅長は伝統的に赤い蛇腹(金線入り)を巻く。
伝統的といえば,帽章は他社のように新しいデザインにはせず,桐と社章(それも昔からの「北」マーク)のままである。

販売員 販売員の制服
いわゆる「売店のおばちゃん」(若い人もいるが)
駅の売店は関連企業の経営であるが,制服もグループとしての統一感を考えた色遣いとなっている。
頭にかぶるスカーフもあるが。最近はあまり使われないようだ。

TOPページTOPページ 前のページ前のページ 次のページ次のページ